トマトソースを使ってみる

こんにちは、お取り寄せ道産ネットです。

しばらくぶりの「作ってみた」シリーズになりますね。

さっそくですが、今回のテーマは「トマト味」。

トマト缶を使って、なんか作ってみます。


なぜトマト味?


以前、ごはんの水加減を間違えたときに、いろいろ救済措置を調べたことがあるんですよ。


そのあたりの過程は過去記事を参照のこと。

ごはんがやわらかい・・・
「おかゆ」か「雑炊」しか選択肢がないんです
中華粥があるなら洋風粥があってもいいじゃない


その時にトマト缶を使った「トマトリゾット」なんてレシピも出てきまして、

トマト缶は使ってみたいな~とは思っていたんですよ。


カゴメ 「基本のトマトソース」


トマトソース.JPG

そんな中、購入したのが上の画像。

カゴメ株式会社さんの「基本のトマトソース」。

スーパー行ったんですけど、ホールトマトが見つからなかったんですよね。

探し方が悪いだけだと思いますけど。


ただ、調べてみたら、「トマトソース」を作るのが割と面倒くさいというか、なんというか。

一応、トマトソースの作り方。

  • ① ニンニクをみじん切りにして、オリーブオイルで炒める

  • ② 玉ねぎをみじん切りにして、①で炒める

  • ③ ホールトマトを②に入れて、トマトをつぶしながら煮込む

  • ④ およそ半分くらにまで煮詰めたら、塩、コショウで味を調える



ほら、結構大変そうじゃないですか?

トマトソース作る時点で失敗したら、目も当てられないですよ。

大人しく市販のソース買って正解だったような気がします。

カゴメさんの商品だったらハズレはないでしょうし。


さて、なにを作る?


さて、「トマトソース」と言われて想像するのは「イタリアン」。

イタリア料理全般にトマトソースが使われているわけじゃないけど。

イタリアは北と南で食生活や嗜好が違うらしいですし。


イタリアの食文化はさておき。(北も南も美味しいですよ、きっと。)


トマトソースを合わせる料理として、普通に考えたらパスタかと思いますが。

トマトソースをパスタソースに仕上げるにはもうひと手間かかりますし、

パスタ食べるなら普通にパスタソース買ってきたほうが手っ取り早い。


前述のトマトリゾットも考えましたが、先日計量カップを買いましたので、

もうごはんの水加減を間違えることはありません。(と思います)

いや、普通にトマトリゾット作っても良かったような気もするのですが、

きちんと炊けた白いごはんが食べたかったんですよ。

(ブログには投稿しませんでしたが、

計量カップを買うまで、割と失敗しています。)


レシピを見ていたら、割と簡単そうだったのが、「チキンのトマト煮」。

今回はこれで行きます。

実際の作業は明日の投稿をお楽しみに。



それにしても、画像が暗いなぁ・・・。




お取り寄せ道産ネットはこちらから
banner_blog1.jpg ← バナーを作ってみました。ぜひクリックしてください。

北海道の旬の味覚を産地直送で、皆様のご自宅にお届けいたします。
送料無料となっておりますので、ぜひご覧ください。



Facebookはこちらから

URL:https://www.facebook.com/wakuwakudosannet/

"いいね!"を押していただけるとうれしいです。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ← ランキング参加中。クリックしていただけるとうれしいです。


料理初心者 ブログランキングへ ← ランキング参加中。クリックしていただけるとうれしいです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック